区分所有とは?分からないことは専門家にご相談!

区分所有についての知識がなくてお困りの方、ななみ土地開発なら区分所有についてのご相談も承っております。ぜひ一度ご相談下さい! - 区分とその権利などについて

新着情報

●2016/03/01
区分とその権利などについての情報を更新しました。
●2016/02/23
サイトマップの情報を更新しました。

区分とその権利などについて

rhthrssj
「区分」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。恐らく、建物や土地などを所有する時に重要となってくるものですので、携わっている方であればご存知の方も多いかと思います。
今回は、そんな区分の詳細について触れていきたいと思います。

区分とは

まずは、区分についての意味を覚えておきましょう。
区分とは、1つの建物を区分けして、そのうちの一箇所を独立して使用することが出来るスペースのことをいいます。
また、その使用できる権利を持っていることを区分所有権と呼びます。
分かりやすくいうと、例えばマンションを購入した際、その建物全体の所有権は購入者にはありません。
しかし、建物の中で自分が購入した部屋に対する所有権は持つことが出来ます。
この権利が区分所有権といわれるものになります。
上記のケースでは、あくまで個人が所有者となっているケースです。
では、商業用の不動産についてはどうなのでしょうか。
商業用の不動産の場合は、その一つ一つに法人の区分所有者がいるということになるのです。

区分所有権の必要条件

区分所有権には必要条件というものが存在します。
それは、「独立性」という部分です。
他の部分から完全に遮断されていて独立状態にあり、区分ごとに直接外部に通じる同じく独立した出入り口があることがその条件です。
先のマンションの例でいえば、各部屋の玄関がその出入り口ということになるでしょう。

専用部分と共用部分

区分は、大きく分けると2つに分類することが出来ます。
それが「専用部分」と「共有部分」なのです。
区分所有権の対象となっている部分を専用部分と予備、それ以外の場所は全て共用部分とみなされるのです。
電気の配線や、ガス水道設備も共用部分という事になります。

区分所有権と土地の権利について

区分所有権はあくまで建物に適応する権利となります。
では、自分が区分所有権を持っているけれど、建物の敷地である土地そのものに対する権利はどのようになるのでしょうか。
答えからいえば、土地に対する権利は敷地権利権というものになるのです。
区分を利用している各所有者全体て敷地権利権を所有していると考えると分かりやすいでしょう。
共用部分については、区分所有者全員で管理をしていくという必要性が出てきます。

区分所有と管理組合について

マンションなどの区分所有者になったら、管理組合の構成員になる必要があります。これは拒否することが出来ないものですので、念頭においておくと良いでしょう。
組合においては、共用部分の管理・維持方法を話し合うという義務が発生します。
共用部分に不具合が生じた場合の修繕を行ったり、または修繕費用を積み立てたり、管理費の徴収や予算管理をする戯気が区分所有者全員に発生します。
また、ルールを決めたり管理者を選出したりというのも一般的に多く見られることでしょう。
区分所有者による団体で建物そのものの管理方法を決めることが出来るという事に際しては、法律でも定められていることなのです。

区分所有者の権利とは

区分所有法から見ていくと、区分所有者がそのほかの所有者の共同収益を害することは禁止すると記載されています。
このことから、共同の利益を侵害されたと感じたら訴える権利があるという事になります。
逆にいうと訴えられる可能性もあるというわけです。
また、水漏れ・漏電などの原因によって、自ら所有する区分だけでは半田が出来ないという場合に際しては、第三者の専用部分や自らが使用権を持っていない共用部分にも立ち入ることがその権利として定められているのです。
理由は、建物を良い状態で保存するという意味合いです。
このことでお分かりかと思いますが、区分所有者としての権利を守るためにも、それぞれの所有者が努力をしていかなくてはならないのです。
区分所有者が別にいて、その所有者から利用権を借りているという「占有者」もまた、共同の利益を害することは許されず守る必要があるというわけです。

区分所有について関わるもの

区分所有においては、マンションを購入したり入居をしたりという時に大きく関わってくるものですが、そのほかの状況の場合にもかかわりが出てくることもあるでしょう。
ですから、概要だけでも知っておく必要があるといえるのです。

分からないことは専門家へ

とはいえ、詳細について分からないですとか不安に感じることもあるかと思います。
こうした時は、1人で考えたりそのまま放置しておくなどをせずに、ななみ都市開発に相談をしてみてはいかがでしょうか。
様々な不動産事業を行っているななみ都市開発は、区分についての相談も迅速・丁寧に対応してくれるのでおすすめとなっています。
知識と経験豊富なスタッフが多くいらっしゃいますので、安心して頼ることが出来るのではないでしょうか。
もし、区分やその他不動産などについて分からないことがあればプロのアドバイスを聞いてみましょう。